IMGP4817

どうも、磁場+-(じばじゅういち)です。

今回は久しぶりにポケモンの本を紹介。

「アニメポケットモンスター全冒険バトル図鑑」

アニメ版ポケットモンスターの本になります。

出た時期は表紙からわかる通り2008年頃。

正直内容には期待していなかったのですが、コレがかなり凄い本でした;

何で当時買わなかったんだろう…((今更

内容:各地方のジムリーダー・リーグ戦、映画のストーリーダイジェスト(ネタバレも普通にあります;)

サトシの各地方の手持ち、旅をした仲間とその手持ち等とても充実しています。

シンオウ編は出た時期の関係で中途半端ですが、それ以外の地方は完璧。


そんな本を少し紹介しますね。飛ばしとばしですが。

IMGP4818

表紙を開いた目次のページ:ホウエン、ジョウト、カントー、シンオウ地方のイラスト。

なのですが、雲で隠れている部分があるとはいえ珍しく地図のようにレイアウトされています!

これってかなり珍しい気がします。ゲームでの各地方のつながりはよくわからない点が多いので。

日本地図風なのがよくわかりますね。

IMGP4819

シゲル&手持ち:こんな感じで手持ちの説明が載っています。

一言コメントが載っているのも嬉しい。

カントー以外の地方で進化、ゲットしたメンバーもしっかり紹介されています。

画像では見えませんが、ウインディの説明「トキワジムでのバトルに登場。ミュウツーに倒される」

…他のメンバーに比べて説明が簡素&倒されたことしか書かれてなくて不憫です。

同じくミュウツーに倒されていたニドキングの説明は普通なのに;

IMGP4820

カントージムリーダー:アニメ版基準のデザインです。バッジも同じく。

アニメ版ジムリーダー、地味にこの立ち絵が珍しいのです。

この画像のナツメとマチスは少なくとも劇中に出てきたシーンを切り取ったものではないはず。

そうなるとやはり劇中設定画の立ち絵を使っている?のでしょうか。

更に気になるのは塗り。カントー編の時期の塗りとは明らかに違いデジタル彩色。

ココで気が付いた方もいるでしょうが、このイラストはこの本専用に新たに塗りなおされているようなのです。
(あくまで推測ですが…)


IMGP4821

エリカやカツラも同じくアニメ版デザインで載っています。

どちらも「誰?」ってなりそうなほどゲーム版とは姿が異なります。

特にカツラはゲームでの没デザインを使っているらしく姿がだいぶ違います。

エリカもゲーム版とは違い和服は着ていないです。コレは私服なのかな?


IMGP4822

カントーリーグの面々:ポケモンリーグに出てきたゲストたちとその手持ち。

後の作品にも何度か出てくるヒロシはともかく、周りのメンバーに注目

何故か彼らにも立ち絵が。多分この本以外では使われてないはず…

あとカオルコの髪の色、劇中と立ち絵では色が違いますね。

このへんはかなり史料価値があるんじゃないかなあと。

IMGP4823

オレンジリーグの面々:こちらもかなり珍しい。アニメオリジナルのジムリーダー達。

立ち絵の他、バッジのデザインも書かれているのがポイント。

今更ゲーム版に出てくる気がしない彼らですが、立ち絵なんてしっかりあるんですね。

IMGP4824

ガンテツ&ガンテツボール:アニメ版基準のイラストなんてあったのか…

一部は劇中で使われているのでそんなに珍しくはないかな。

ボール自体よりぼんぐりのイラストのほうがレア気味;

IMGP4825

ジョウトジムリーダー:ジムリーダーとその手持ち。

HGSSでは全員衣装デザインが変わりましたが、こちらは金銀基準。

一部ジムリーダーはHGSS発売後にもアニメに登場しましたがその際は勿論HGSS基準。

アカネのみゲーム版とはデザインが違い、少し大人っぽくされています。
(金銀でのイラストはどう見ても子供なのです。HGSS版のデザインはアニメの逆輸入ということに)

全員公式イラストとは違うポーズ(の、はず)なのも面白い。


他にもうずまきカップの結果とかも載っていますよ。

IMGP4826

少しとばしてフロンティアブレーン。

ゲームではちょっと地味な印象の彼らですが、アニメ版ではバトルフロンティア編OPに何度も登場したり、

ジンダイに至ってはDP編にも登場(しかも主役級の活躍)と心なしか扱いが良かった気がしなくもない…

こちらはほぼ全員公式イラストをもとに描かれていますね。

顔はアニメ基準なので若干マイルドになってる人もいるけど。

IMGP4827

アザミ:唯一公式イラストとは違うポーズをとらされています。

アニメ版フロンティアブレーンの中でも特に顔がマイルドになってる気がします。
(劇中ではもっとすごいことになってましたが;)

IMGP4828

マグマ団のホムラ:ゲーム版には公式イラストが存在しないキャラ。

立ち絵は勿論コレのみです。

なのでアニメ版オリジナルの姿と言ってもいいかも…

一応ゲーム中のドット絵に似せてはいるんですけどね。

ORASではデザインが一新され、小太りの男に…彼に一体何があったのでしょうか。

どうでもいいですけど、マグマ団員女の髪型がちょっとヒカリっぽい。

IMGP4829

アクア団のイズミ:こちらもゲーム版イラストが存在しないキャラ。

ホムラと同じく立ち絵はコレのみ。

こちらはゲーム中ドットほぼそのままのデザインですね。

ORASでは女海賊というか踊り子?っぽい衣装になり殆ど別人に。

アニメ劇中ではバンダナをとっているシーンも。

IMGP4830

ポケモンレンジャー:もはや懐かしいシリーズ; なにげ3作も出てるんですよね、コレ。

で、注目すべきはバトナージスタイラーのイラスト。

よく見ると設定画らしく、鉛筆で書かれた矢印が見て取れます。

これでやっと気が付きましたがこの本の一部キャラや道具は設定画に色を付けたものを使っているようです。

明らかに線が浮いているものがあったりするのはこのせいのようだ。

IMGP4831

シンオウジムリーダー:残念ながらこの本が出た時期の関係で全員集合とはいきません。

この時点でメリッサとは会っていたはずですが、バッジゲットとはならなかったからか載ってません。

その代り、残り四ジムはジムバッジだけが載ってるというなんだか悲しい感じに。

後、このスモモのイラストも珍しい。他のジムリとは違い一人だけ公式イラストとは違うポーズ。

普通に立っている絵はあまりない気がします。

IMGP4832

みなさんお待ちかね(何!?)のグレイシアのページ…

って、お尻しか映ってないです。いや、ある意味貴重だけど((

画像は忘れましたが、ハルカの手持ち全員が載っているページのイーブイは

何故かグレイシアに進化させたという記載が無いです…
(シゲルのイーブイは別地方で進化させたとか書いてあるのに!)

上の通りグレイシアのコンテストはしっかり載っているのに;


右上のヒカリコンテスト衣装のイラストも珍しいですね。


そんなわけでざっと紹介しましたが、情報量はかなりのものです。

正直カントー~シンオウ中盤までならこの一冊で補完出来ます。

映画のダイジェストもかなり簡素にまとめられていて逆に凄いですよ。
(その代りにネタバレも容赦ないのですが)

ちょっと残念なのは各回のゲストキャラが載っていないこと。
(例:ものまね娘のイミテ等)

結構出番があったはずのナナコすら載っていません。

ただし、コレを載せたらページ数が半端じゃないほど増えそうですが; 贅沢はよくない。


そんな感じですがこの本はかなりおすすめですよ。

更にいうとアニポケキャラやジムリーダー等人物キャラ好きなら買って損はないです。

こういった本は今のシリーズまで含めて出してもらえたらなあとか思ってしまいますね。


では次回!





おまけ

IMGP4834

ハルカの水着サービスカット!

…と、言うか何故このシーンを選んだ;