カテゴリ: グレイシア

IMGP7999
私個人、気になっていたので「アニメポケモンのグレイシア登場回」をまとめてみました
すべての回を見ているわけではないので、見落としがあると思いますがご了承ください
随時更新予定…

「ポケットモンスターダイヤモンド&パール編」から紹介

『レンタル版 ポケットモンスターダイヤモンド&パール2008 6巻』

グレイシア初登場の回、DP編76話「レストラン七つ星!タッグバトルでフルコース!!」
AG編のヒロイン「ハルカ」がDP編に初登場した回でもあります
この回での衣装はエメラルド版のものだったり

IMGP8016
画像は「ポケモン大百科」より
ハルカはバトルフロンティア編にてタマゴから孵したイーブイを連れていました
シンオウ地方に来た理由の一つは「イーブイの進化」をさせる為と本人談
キッサキシティに先に寄り、イーブイを「グレイシア」に進化させていました

IMGP8021
画像は「ポケモン大検定」より
性別は♀。声は林原 めぐみさんでした
…が、結構低めのトーンの鳴き声なので可愛い感じはあまりなかったり
このころはまだカッコいい系のポケモン扱いされているようにも感じます
(劇中ではヒカリに可愛いといわれていましたが、容姿のことなので;)
でもやられシーンはかなりドキッとする鳴き声です;

IMGP8000
『レンタル版 ポケットモンスターダイヤモンド&パール2008 7巻』

DP編79話「決戦!ヒカリ対ハルカ!!」

ミクリカップファイナルの回。タイトルの通り二人のコンテストバトル
ヒカリはポッチャマ、ハルカはグレイシアで挑みます
お互い互角のバトルを繰り広げる、かなり燃える回
グレイシアはミラーコート、ポッチャマはうずしおを大技として繰り出すのですが
結果は…ご自分の目でお確かめくださいッ!((なんだそれ;

余談ですが、ハルカのグレイシアは何故か物理技を多用…ア二ポケではよくあることですが

IMGP8004
『ポケモンTVアニメコレクションDVD』

食玩として販売されていたシリーズにも上記の2話が単品で収録されていました
どちらのパッケージ、レーベル面にもグレイシアがデザインされています
DP編グレイシアメインの回が低価格帯の食玩で補完できてしまうのは嬉しかったですね


『DP編モブとしての登場回』

とりあえず私が覚えている範囲で紹介します

第120話「ふしぎないきもの ポケットモンスター!」
gure2
この回は総集編となっていました
グレイシアはコンテストの紹介シーンにて登場
わざわざテロップまで用意されていました


第126話「トレーナーズスクールのスズナ先生!」
gure1
…当時のスナップ画像がPCに残ってました;右上のアナログの文字が懐かしい
画面右端に写っているのがグレイシア。この他数カットの登場
トレーナーズスクールのポケモン?なのでしょうか
鳴き声はありませんでした

第160話「燃えよカビゴン!ポケスロンの王者!!」
IMGP8027
ポケスロン回。グレイシアはモブキャラクターの手持ちとして登場
この回のグレイシアはモブとしては珍しく鳴き声がありました
…よーく聞かないと気が付かないレベルですが;


IMGP8029
走っているところ。このほか複数のシーンに登場

『DP編劇場版、モブとしての登場』

「劇場版ポケットモンスターダイヤモンド&パール ディアルガVSパルキアVSダークライ」

物語中盤、時空の塔のシーンにて彫刻が映し出されるシーンでグレイシアの彫刻を確認
対になる形でリーフィアの姿もありました



「劇場版ポケットモンスターダイヤモンド&パール ギラティナと氷空の花束シェイミ」
IMGP8036

アバンにて、ルビーサファイア版デザインの「おじょうさま」がイーブイ進化系と戯れている?シーン
劇場版で初めてグレイシアとしての姿が確認出来たシーンです
DP編の映画なのにRS版デザインのおじょうさまがグレイシア達と戯れているという中々不思議な絵です
劇場で見た時も一番印象に残っ(てしまっ)たシーンなのは言うまでもなく…((それはいいのか;

余談:このグレイシアのポーズ、どこかで見た覚えはありませんか?

IMGP8038
実は「イーブイいっぱいコレクション」のグレイシアと一緒なのです!
元ネタがこんなところにあったとは驚きですね
他にもサンダース、エーフィ、リーフィアがこのイラストのポーズを元に作られています


『DP編OVA作品、モブとしての登場』

「ピカチュウ 氷の大冒険」

ちょっとマイナー?な短編作品
IMGP6129
流氷のシーンにてこの1カットだけ登場。また、鳴き声は一言のみあり
グレイシアの描き方が近年の物に近くなっているのが特徴
色はまだ濃い時期ですが


『オーキド博士のポケモン大百科&大検定』

番組最後のアレです。途中でコーナー名が変わります
そのおかげか、DP編では2回グレイシアが登場


DP編94話「パチリスお熱です!2人でお留守番!?」

「ポケモン大百科」
IMGP8015
グレイシアのずかん説明がアニメ版の映像と共に紹介されます
IMGP8017
グレイシア、物凄く警戒しています(笑
IMGP8018
…そしてこの顔。相当嫌われてます、博士; 
オーキド博士はそんなことお構いなく触りますが…例によって氷漬けに;

IMGP8019
こちらのコーナーにはポケモン川柳がありました
「ゆきのなか にわかけまわれ グレイシア」
童謡 ゆきやこんこんの歌詞が元ネタだと思います
それにしても、可愛い一句ですね…!!


DP編185話「恐怖のトリックルーム!サトシ対コウヘイ!!」

「ポケモン大検定」
IMGP8020
グレイシアのずかん説明がアニメ版の映像と共に紹介され…ってさっきも言ったか;
IMGP8022
こちらはクイズ形式のミニコーナーとなっていました
グレイシア好きなら簡単ですよね?

IMGP8023
こっちの子は静かにしているのかなと思いきや…
IMGP8024
…この通り
やっぱりオーキド博士を氷漬けにしてしまいます
あとカッコいい系の鳴き声でした

『ポケットモンスター ベストウィッシュシーズン2』

メインビジュアルにもグレイシアが居ました。この作品では2個体が確認できます

BW2編第85話「歌えメロエッタ!愛の旋律!!」

シンオウ地方のチャンピオン「シロナ」のグレイシアとして登場
メインビジュアルに載っているのは多分こっち
氷を作るシーンで登場。メインビジュアルでは結構堂々と載っていたのに出番はこれだけ
性別はゲーム版基準だと♀ですが、登場シーンの少なさ故不明…


BW2編第102話「チーム・イーブイ出動せよ!ポケモンレスキュー隊!!」
IMGP8010
このカットのグレイシア、脚先が彩色ミスで塗られていません。放送当時とてつもなく気になってました;
ポケモンレスキュー隊の「バージル」のグレイシアとして登場
2匹目のグレイシア。イーブイが紅一点とのことなので、このグレイシアは♂で間違いないでしょう
全員集合時に初登場。氷でカギを作るシーンでも活躍
声は大原 桃子さん。♂の設定ですが、声はだいぶ可愛らしい感じでした
また、グレイシアの体色がDP編より明らかに薄くなり色違いのような色合いに

余談ですが、突然のイーブイ進化系猛プッシュが始まったのもこの回から
最初はブイコレ3の宣伝回なのだと思っていたのですが…
後のイーブイ☆フレンズへとつながったとか繋がらなかったとか((

画像は無いですが、レンタル版DVDのパッケージにもグレイシア含むイーブイズが居ました


BW2編第105話「キバゴ迷子になる!」
IMGP8031
この回にもバージルのグレイシアが登場
リーグのシーンに少しだけですが、ランクルスを倒すという快挙


『BW編サイドストーリー』

ミュウツー ~覚醒への序章~

映画公開前に放映されていたらしいのですが、この回は見逃しています…
グレイシア自体は登場しているようなので、見て…実はミュウツーのDVDに入っているようです
本編とは声が変わり、朝井 彩加さんが担当とのこと

『BW2編OPアニメ』
IMGP6130
「やじるしになって!」のOPアニメ
グレイシアが走っているシーンがあります
グレイシア以外にはイーブイが走っているシーンもアリ
他のメンバーは居ませんでした

『BWデコロラ編EDアニメ』
IMGP8012
「手をつなごう」のEDアニメ
イーブイフレンズのEDでもあるので、イーブイ進化系勢揃いです
グレイシアの姿も勿論あります
左のネストボールの上にいるのがグレイシア


…そういえば、恵比中メンバーのコスプレもありましたね
アレはグレイシア風衣装なので載せていいものなのか迷います;

同時にイーブイ秋山フレンズも思い出します(笑

『BW編劇場版』
IMGP8005
短編「ピカチュウとイーブイ☆フレンズ」
とうとうイーブイとその進化系が短編の主役に!
グレイシアは公式曰く「クールビューティー」な女の子。つまりは♀
劇中では同じく♀のエーフィ、リーフィアと共に居るシーンが多かったです
声は渡辺 明乃さん。こちらも可愛い感じでしたね

IMGP8013
物語序盤では「グレイシアのお部屋」に勝手に入られた挙句、ミジュマル達に氷のオブジェクトを破壊され…
怒ったグレイシアは額からこおりのつぶて?を放ち、ミジュマルを氷漬けにしていました

因みに、パンフレット等でも確認できますがグレイシアの部屋には「グレイシアの氷像」が飾られていたり
グレイシアは自分の姿が気にいっているのでしょうか…!?

お楽しみ会では例のダンスをエーフィ、リーフィアと共に踊ったり
ソーナンスのコスプレにキレてふっとばしたり…表情豊かなグレイシアの姿が
その後の天体ショーではシャワーズと共に技を放ったり
♀メンバーの中では比較的目立っていたほうだと思います
ニャースには「グレイシアちゃん」と呼ばれていた

『劇場版サウンドトラック』
IMGP8006
「神速のゲノセクト ミュウツー覚醒&ピカチュウとイーブイ☆フレンズ ミュージックコレクション」
映画のサウンドトラックです
イーブイ☆フレンズのBGMもこちらに入っています
作曲者は丸尾 稔さん
ここ最近のアニメ ポケモンXYでも劇中BGMとして複数使用されていますね
聴けばすぐにわかる可愛い感じの曲が多くて癒されます…

IMGP8007
disc1の48曲目に「グレイシアのお部屋」という曲が!
実はこの曲、グレイシアの名を冠す曲名とは裏腹に「リーフィアのお部屋」紹介シーンで流れる曲だったり…
個人の予測ですが、イントロが氷っぽかったから又は使用シーンが変更された可能性がありそうです

…まさかリーフィアのシーンが短かったから曲名だけグレイシアにしたとかでは無かろうな((

余談:56曲目「ブラッキーの企み」という曲は何故か劇中と曲調が違います
CDオリジナル音源なのか、はたまた劇中版がオリジナルなのかは不明…

『ポケットモンスター XY』

XY編63話「迷い道は分かれ道!?ムサシとソーナンス!!」
IMGP8039
アイキャッチ「シルエットクイズ」の間違いカードとして登場
正解はソーナノですが、シルエットが似ている?マーイーカと共に登場
もみあげのアレが似ているから?ソーナノ、マーイーカのは腕だけども
イーブイ☆フレンズではソーナンスがグレイシアになりきっていましたが;
ソーナンス一族と謎のつながりを持つグレイシアでした


XY編90話「タッグバトルは友情バトル!イーブイ初参戦!!」
IMGP8095
遂にグレイシアがXY本編に登場!!
セレナとサナのお話中、説明と共に登場
セレナのイーブイが進化して、トライポカロンで活躍している姿を妄想?したようなシーン
グレイシアは氷技を放っていました。鳴き声も一言アリ
色もBW期のように色違いのような白っぽさはなくなり、DP期のように公式よりの色になりました
(画像では白く見えますが、これは輝いているシーンなので白く見えるだけです;)
妄想シーンには他のイーブイ進化系が勢ぞろい
イーブイフレンズ以来のブイズ全種類登場となりました
アニメ本編でニンフィア込みで揃うのは、妄想とはいえ初となりますね

「ポケットモンスター XY&Z」

XY&Z編 話「熱血ハリボーグ!狙われたプニちゃん!!」

本編終了後の新コーナー「ポケラブ・TV」にて登場
第一回目は「イーブイ」にスポットがあてられています
しんかポケモンの名の如く、複数の進化先のあるイーブイの紹介時にグレイシア登場
アニメーション自体はXY編90話の回想シーンと同じです

余談:本編に出ていたブースターのみ新規アニメあり。本編の続き?でしたが

(イーブイに続きブースターにも嫌われ、更に燃やされるハリボーグ; ご愁傷様です…

XY&Z編101話「踊れイーブイ!トライポカロン・デビュー!!」
IMGP8341
グレイシアウインクの破壊力は安定。死人が出るレベルですね!!!(何
トライポカロンのモブトレーナーがまさかの「グレイシア&リーフィア」使い!!
衣装もグレイシア&リーフィアをモチーフとしていて大変に可愛いです
グレイシア&リーフィアも可愛い衣装を着ていますね
グレイシアとリーフィアの為だけに衣装をそろえるだなんて素敵すぎるトレーナーさんですね…!

この方に沢山のポイントをあげて優勝させたい((

XY&Z編109話「マスタークラスへの試練! どうするセレナ!?」
IMGP8419
セレナがサイホーンを撫でている姿をTV画面が映し出すシーンに登場!
101話に出ていたグレイシアとリーフィアを連れたトレーナーと一緒にいますね
後頭部のみですがこのシルエットはグレイシアだなあ(当たり前;
ちなみに、表彰シーンには彼女とグレイシアの姿はありませんでした…
私なら優勝させた(

XY&Z編話「マスタークラス開幕!火花散る乙女の激闘!!」
IMGP8516
遂にマスタークラスにもグレ使いさん登場!更に今回の使用ポケモンはグレイシア単体ですよ!
…しかし相手はまさかのセレナとミルフィ!?運の悪いことに初戦から当たるという

IMGP8517
更に今話では遂にトレーナーの名前が判明しました…が、ごめんなさいうまく聞き取れませんでした;;
何度も録画したものを聞き直しましたが「シュ○○」までしか聞き取れず「シューリー」
にも聞こえるのですが本当の所は判断しかねます(字幕が欲しい
訂正:某所によると彼女の名前は「シン・リー」のようです!
それから台詞らしい台詞も初めてです!コレ本当に嬉しいです…(待ってた人
当然ながらグレイシアにも鳴き声あり。大盤振る舞いですね!!!
この画像のグレイシアの背中から脚にかけてのラインが美しすぎて…(鼻血

IMGP8518
出番もモブとしては非常に多く、流石はセレナ達の相手に抜擢されるだけはありますね
グレイシアもライバル達のポケモンに負けていない非常に綺麗な演技でしたよ

…そんな彼女とグレイシアですが結果はというとモブの宿命かまさかの最下位
更に画面からもフェードアウトというあまりにも残酷な結果に終わりました…
あまり言いたくはありませんが最初から引き立て役であるモブキャラの一人でしかない彼女
今回の話の主人公とも言えるセレナやそのライバルのミルフィと同じ舞台に立てただけでも
幸せなキャラだったのかなとも思います。それでもやっぱり悔しいですよね…(本気で応援してた人
今後の活躍にも期待は出来なさそうですし、本当に今回で出番終了なのでしょうか。
どんな形でも良いので彼女含むモブキャラにスポットを当てて欲しいと思ったお話でした


その他:おまけコーナーの「ポケモンパフォーマー通信」
IMGP8420
おまけコーナーのポケモンパフォーマンス通信のイラストにもグレイシアが
衣装は101話のものと同じです
上記のトレーナーやリーフィアも居ましたよ

今後もセレナのニンフィアと共にグレイシアの登場する回数が増えると思います。毎週チェックしなくてはですね!

オマケ『ポケパーク Wii』
R8A_0015
アニメ版との関係は「声優さん」を起用していること
ポケパークでのグレイシアはDP編と同じく林原 めぐみさんでした
声色もDP編のものに非常に近いですが、こちらのほうが後なので結構可愛い感じの声に
特にアトラクションクリア時の声は可愛いです

IMGP5865
性格は…タマザラシの言う通りです;

『ポケパーク 2』
S2L_0063
ポケパークwiiの時とは声が変わっています
声の主は不明です…が、可愛いというかお姉さん系?の声になりました
どことなく色っぽさもあり、グレイシアの印象が変わります
セリフパターンはwiiの時とは比べ物にならないくらい増え、動きも可愛くなりました
また、性格はひかえめな感じに

IMGP5977
それから、ことあるごとに「ブースター」の名前を挙げることからブースターのことが好きな模様
とあるイベント終了後の2匹の行動から察するに、気があるのは確かです
わざわざ熱いコースを作ったのはブースターに合わせる為らしく…可愛いですね

余談ですが、イーブイフレンズやポケパークシリーズの英語版での声は国内版と同じようです
英語でGlaceon(グレイシオン)なので発音が同じ。なので使いまわされています;


そんなわけで結果としてアニメ版+αとなりましたが、登場回は大体紹介できたでしょうか?
少しずつ情報を増やしていきます




IMGP8211

前回に引き続き、グレイシアドールのお話です
…少し様子の違うこちらのグレイシアドール。個体差のようにも見えますよね?
海外のオークションサイトで入手したものなのですが、実は「正規品」ではありません

IMGP8213
その正体は「非正規品(コピー品)」。俗にいう「パチモノ」です
海外版グレイシアドールを探していた時に知識不足で引っかかりました
グレイシアドールに限らず、ポケドールシリーズは海外でも販売されています
ポケモンのぬいぐるみはファンならずとも非常に人気があるのはご存知の通りかと思います
しかし、それと同時に裏ではこのようなコピー商品が生まれていたようです…
あまり褒められたような物ではないのですが、私のように知識不足でコピー品を購入してしまわないよう
資料として紹介していきたいと思います

当然のことながら今回紹介するコピー品は故意に購入したものではありません
IMGP8215
正面:ぱっと見はグレイシアドールにそっくりです…??
いやいや、よく見なくても顔が変ですよね;

IMGP8216
背中:お察しの通り、縫製が非常に粗いです
ガタガタしていてあんまりな作り。品質管理は雑なようで…

IMGP8217
お顔:何だろうね、コレ…
ツッコミ所はそれぞれあるかとは思いますが、いくらなんでもバランス悪いですよね

IMGP8229
ぶすっとしていて正直可愛くない…愛の無いコピー品らしい顔です
鼻も正規品に比べだいぶ大きめに縫われています
無駄にオリジナルから変化させていて憎たらしいですね

IMGP8218
模様:雑過ぎます
元々品質は二の次なのでしょう。売れればいいのですね、こういうのは…

IMGP8219
本体タグ:いかにも正規品っぽく見えるタグ…
あとで詳しく紹介しますが、正規品から丸コピーされています

IMGP8220
紙タグ:ポケドールマニアの方なら一発でニセモノであると見抜けるであろう部分
こちらも後に詳しく紹介しますが、正規品からコピーされています

IMGP8221
裏面:いくらなんでも簡素すぎでは…

お次は正規品と比べていきます。ここからが本番です
IMGP8222

左から)正規品海外版、今回のコピー品、正規品国内版
こうして並べると明らかに出来が劣っています
正規品の可愛さもわかりますよね
また、素材が正規品とは全く違うものを使っていますがこれまた問題がありまして

触り心地は完全に「ポケモンぬいぐるみDPグレイシア」のものです
この時点で察しが付くかとは思いますが、上記のぬいぐるみにもコピー品が存在します
このことから素材を使いまわしている可能性がありますね

IMGP8223
本体タグの秘密:なんと「海外版」から丸コピーされていました
そのため、今回のコピー品は2010年以降に製造された可能性が高いです

IMGP8224
お顔:顔自体は国内版に非常に近いです
本体のコピー元は国内版の可能性があります

IMGP8225
紙タグ:左がコピー品
右は国内版ポケドールのマイナン
マイナンは2004年発売。DP時代よりも前の販売分までのポケドールはこのデザインのタグでした
2006年までは一部の商品に使用されていたようですが…
国内版グレイシアドールの発売時期は2007年。つまりこのタグはありえないのです
よく見ると色も違います。全体が微妙にオレンジっぽく変化しています

(RGBデータをそのまま出力した可能性アリ?
IMGP8226
裏側:手前がコピー品。比較対象の正規品は国内版ですが…
コピー品はバーコード等商品として必要な情報が一切書かれていないです
この時点で正規流通させるための物ではないことが分かります

IMGP8227
正規品紙タグ:正規流通したポケドールの紙タグはこの2種のみです
左は国内版、右は海外版。どちらも逆は確認されていません
…しかし、厄介なこともありまして。今回のコピー品のバリエーションに「海外版タグのコピー」版も存在します。
海外版仕様のコピー品…ややこしいですが;
今のところ国内版タグをコピー品につけられたものは見たことが無いです
今のところはですが…
ついでなのでもう一つ重要なことを書いておきます
グレイシアのぬいぐるみのコピー品はポケドール以外にも確認されていて

「ポケモンぬいぐるみDPグレイシア」 タカラトミー製 2008年
「イーブイコレクション グレイシア」 ポケモンセンター 2012年
「ぬいぐるみ グレイシア」 タカラトミー製 2012年
の3種にもコピー品が存在します。
これ以外の製品は今のところコピー品は確認できず
2012年発売分は正規品海外版も存在。それでもコピー品が生まれていました
(因みに正規品海外版の発売時期は2013~14年頃。コピー品はそれ以前から存在?
DPぬいぐるみは正規品海外版は存在しません。日本で手に入れたもの以外はほぼコピー品でしょうか
紙タグのバリエーションも複数確認

イーブイコレクション、バンプレスト製品の紙タグをコピーしている割合は特に多いです
本来は絶対にあり得ない組み合わせも多数
「ぬいぐるみ グレイシア」に「イーブイコレクション グレイシア」のタグが付いてたり…
本体の作りもまちまちで、かなり忠実なものもあれば手抜きも沢山あります

グレイシアだけではなく、イーブイ進化系全てにコピー品が存在する点にも注意
(ニンフィアドールに至っては去年発売されたばかりなのにもうコピー品が存在)

どちらにしろニセモノだとわかっていれば買う気にもなれませんし、そもそも買ってはいけません!!
IMGP8228
人気のある商品に裏で付きまとうコピー品の影…
ポケモンのように世界中で知られているようなキャラクターともなるとその数は計り知れず
公式でも当然動いているハズですが、それだけでは防ぎきれませんよね
購入する側もコピー品だとわかっていれば買う必要は一切ないわけですから、もっと情報を出すべきかなぁとも思います。とはいえ国内では今のところコピー品は流通していないので公にはしないのでしょうか
なにはともあれポケモングッズを集めている方、特に海外版に手を出して見たいと思っている方には
今回紹介したコピー品のような物には気を付けてほしいです。去年発売されたものですらコピー品は
作られていますからね。。嫌な話です




IMGP8161
待ちに待った「くったりぬいぐるみ グレイシア」
今回も通常顔と寝顔の2種類
相変わらず人気で、あっという間に棚から減ってヒヤヒヤものでした;
余談ですが前回、前々回の弾も一部を除き再販されていました

IMGP8162
くったりぬいぐるみ グレイシア 正面
遂に登場、グレイシアです!可愛い…
顔のバランスはいいかと思います
もみあげのパーツもしっかりとした作り
額のパーツがちょっと大きめなのも可愛いです

IMGP8163
背中の模様は当然ながらあります
短い手足も生地を変えて色分けされているのが良いですね
胴体にはビーズが入っていて触り心地が良いですよ

IMGP8164
タグ
ディフォルメされていて可愛いです
くったりというより、のされたような感じに;

…豪邸に飾ってあるトラの絨毯のようにも見えるような;
IMGP8167
お顔
瞳が長いのが特徴的
いつもの釣り目ではなく、猫目?っぽい形になっていますね
グレイシアのぬいぐるみの中では珍しいです

IMGP8165
くったりぬいぐるみ グレイシア おやすみVer
こっちはおやすみ版。表情のついたイーブイズぬいぐるみ!
…って、コレは前にも言いましたね;
とても珍しい表情付きのグレイシア

IMGP8168
タグ
可愛いさ爆発(何;)って感じです!!

IMGP8166
お顔
幸せそうな寝顔…
見ているこっちも幸せな気分になりますね!

IMGP8169
積む
今回も積みます
今回の弾でイーブイズは全員揃いましたね
進化系セットにして積む人多そうです!

IMGP8171
ブースターと
ココで紹介したものと同じです
数をそろえると更に楽しめます

IMGP8172
「ポケモンまったりぬいぐるみ グレイシア」と一緒に
今度はグレイシア同士で比較
顔の大きさでなんとなくわかるとは思いますが、まったりぬいのほうが小さめ

…色ですが比較用まったりぬいは薄汚れているだけで、新品ならもっときれいな色です;

IMGP8173
ポーズはほぼ一緒ですが、デザイン自体は別物
IMGP8174
どちらも可愛いですよ!
IMGP8175
ブースターと一緒に寝るグレイシア…

「くったりぬいぐるみ グレイシア」でした!
くったりとした姿が可愛いぬいぐるみ
積み重ねることができるので、ついつい複数買ってしまう方が今回も多かった…
くったりぬいぐるみシリーズのイーブイズは全種類登場したのでひとまず終了でしょうか
とても可愛いのでもうちょい続くと嬉しいですよ
…実は同日発売の商品にもグレイシアが居たりします。それはまた次回;
来年のカレンダーにもグレイシアが居たりするので注意して探さないとですね


では!










IMGP8131

「ポケドール グレイシアドール」

ポケモンセンター限定のぬいぐるみ。「ひみつきち」に置ける○○ドールをモチーフとした商品

ディフォルメした姿がとても愛らしいです

人気商品らしく、XY以降も新ポケモンが多数商品化されていました
(実は製造元や大きさなど色々変わっているのですが今回は割愛)

IMGP8132

背中

ひし形の模様も大小あります

模様が後頭部に配置されているのは珍しいかも…

IMGP8133

よこ

頭でっかちかつ、手足が短いのでどうやっても前に倒れてしまいます

尻尾とかべで上手いことバランスをとっている状態

もみあげのパーツもフワフワしているのが可愛いです

IMGP8129

お顔

口のないデザイン。きりっとした表情が映えます

ポケドールシリーズの弱点としては「個体差が激しい」ことでしょうか

顔もさることながら、縫い目が粗いものもちらほら

当時店頭で見かけた分でも酷くばらつきがありました

写真の子はかなりいい感じなのではないかと…


IMGP8134

…ところでこの写真、全く同じものに見えますよね?

顔が若干違うとか個体差の話ではなく、そもそも別物だったりします

IMGP8135

答えは簡単、「発売時期」です

グレイシアドール本体のタグを見れば一目瞭然

実はグレイシアドール、2007年版と2008年版が存在します

2007年版が最初に発売されたもの。DP発売から約1年後ですかね

2008年版は初代「イーブイコレクション」に合わせて再販されたものなのです

こちらは2007年版発売から約1年後となりタイミング的にはベストだったのかな?

この際に他のイーブイ進化系も復刻(実は石進化組とイーブイは新規なのですがそれはまた今度;)

…モノ自体には大差ありません; ここからは更にマニアックな話を続けます

IMGP8136

紙タグのほうも若干変化が

製造年が違います

表面は2008年版でも2007年表記で何故か変わっていません…

「裏側」を見ないとどちらか分からないというのが非常に厄介です

2008年版以降は再販されたことも無いので存在しないはず

…はず?

IMGP8137
                                  
                                  !?そっくり人形展覧会((



実はまだ存在します(笑

写真でも何となくわかるかと思いますが、中央の子です

ちょっと変わった中央の子の正体は…

IMGP8138

「海外版」だったりします!

ポケドールは海外でも販売されていました

こちらも国内版と同じくポケモンセンター限定

紙タグが国内版とは違いコンパクトなデザイン。別ライン臭がしますがポケドールです

IMGP8140
本体のタグ

この通り2010年の表記があります

海外では国内版より2年遅れて販売

2010年といえばDP末期~BW期に入るあたりですね

何故このタイミングで販売されたのかは謎です

ちなみに他のイーブイ進化系も販売(何故か石進化組は旧バージョンだったりしますが)


IMGP8141

タグ裏側

若干タグのサイズも大きくなっています

文字数分だけ大きくなってるのでしょうか?

IMGP8143

ここで本体の話

海外版ポケドール、国内版とは仕様が異なります

まずは生地。フワフワ感が増して手触りが更に良くなっています

また、生地が変更されている関係か若干色味も違いますね

額のパーツの青色は国内版のほうが鮮やかに見えます

IMGP8142
お顔

額のパーツの縫いが国内版よりしっかりとしています

顔のバランスも紙タグのイラストにより忠実な感じ

目の位置が心なしか寄り気味になってるのが原因でしょうか

IMGP8144

「ポケドール グレイシアドール」

そっくりだけど違う3体のグレイシアドール

違いを見抜けた君はグレイシアドールマスターだっ!(何


…これ以外にもバリエーションがある等の情報がありましたらご連絡ください;

では!

IMGP7880

「キャラぱふぇ 2013年 1‐2月号」

手に入れ損ねていた本です

2年前の本になります

とある目的で古本屋を見ていたら目に留まり

中をぺらぺらと見ていたら…

IMGP7876


                                 !?


なんと、「にしだあつこ」さんが描かれたグレイシアが載っているではありませんか!!

にしだあつこさんといえば、ピカチュウは勿論のことイーブイ進化系のデザイナーさんであります

デザイナーさん本人が描かれたイラストって、ポケモンカード以外ではなかなか見れず新鮮
(余談ですが、ポケモンカードトレーナーズの一部号の表紙を描かれていたこともあります)


また、にしださんはキャラぱふぇ内にて「ポケモンといっしょ!」という漫画を連載されています

今回紹介する物がその漫画です

ポケモンカードとはまた違った絵柄で描かれていることもあり、ポケカ勢も必見!?

また、漫画のほうは毎回安定の可愛さです…何度も読み返しちゃうほどには;


中身を載せるのはどうかと思うので1ページ目のみ(上の写真)でご了承ください;;

作中には漫画らしく普段は見れないであろうグレイシアの姿が確認出来ました

本当に素晴らしい可愛さなので、今の今まで何故に見れていなかったのだろうと…


グレイシアの透き通った青色の瞳がたまりませんね…ずっと見つめていたいくらいには((

「さぁ、きのみをさがそう!」

短いセリフですが、グレイシアの性格が何となくわかるような気がしますよね。そうでもない?

IMGP7883

「キャラぱふぇ 2015年 5‐6月号」

こちらは今年出ていた本になります

当然ながら普通に新品を書店にて購入

IMGP7882

にしだあつこさんのグレイシア!…だけではなく他のイーブイズの姿も!

ちなみに、ココに描かれているイーブイズの中で「ブラッキー・リーフィア・ニンフィア」

訂正:ブラッキー、にしだあつこさんの描かれたイラストのカードは過去に存在しました

知識不足で申し訳ありません…

の2匹はポケモンカードで今現在まで描かれたことのないイーブイズになります

グレイシア、ブースターは
IMGP7885
こちらのカードがにしださんのイラストのカードです

カードのほうとはだいぶ絵柄が違うことが分かります

イーブイは複数あるので今回はパス; いづれまとめますね


グレイシアの瞳の描き方がとても興味深いです…(目ばっかり気になってしまう人;



そんなわけで今回は「キャラぱふぇ」でした!

にしだあつこさんの「ポケモンといっしょ!」

登場するポケモンは毎回様々ですが、ここ最近(5‐6月号、7‐8月号)はイーブイズ推し!
(実は漫画だけではなくキャラぱふぇ内のコーナーでもイーブイズが推されていますよ)

だいぶ前から連載されている漫画ですが、今のところ単行本化は無し

相当なストックがたまっているハズなので単行本化を望みます…

雑誌という特性上、古本は出回りずらく時期を逃すと書店からもなくなるので過去の作品はなかなか

見ることができないのが辛いです…初期のほうは見れていないのでグレイシア達が居る可能性もありますし;


…それはともかく、次回の連載も楽しみですよね!

では

↑このページのトップヘ